採用情報ホーム   >   マネジメント・メッセージ   >   Supply Chain Director

マネジメント・メッセージ

Supply Chain Director

消費者の要求を満たし、それを超える

私がブリティッシュ・アメリカン・タバコに入社したのは14年前になります。英国生まれですが、最初に働いたのはアフリカでした。その後、英国、ドイツ、ハンガリーでの配属を経て、2011年11月に現職であるブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンの執行役員サプライチェーン担当に任命されました。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコでは長年、多くのことに感心させられてきました。
その1つが本当に国際的な企業だということです。世界中のほとんどの都市に営業拠点があり、のどかなアフリカから大都会の東京まで、幅広いさまざまな文化の中で働き、生活するチャンスを提供してくれます。

執行役員サプライチェーン担当としての仕事の中で、私とチームは多くの果たすべき役割を担っています。世界的には、ブリティッシュ・アメリカン・タバコは39ヶ国から葉たばこを調達し、46ヶ所の世界中の工場で製品を製造しています。サプライチェーンチームの役割として計画、調達、製造、物流、新製品の導入などがあります。こうした役割を効果的に実行するため、私たちは常に、日本の、リージョンの、そしてグローバルな業務の展開とつながっている必要があります。つまり私たちサプライチェーン部門は、国際的な企業であるブリティッシュ・アメリカン・タバコの中でも、最も広いネットワークが必要となるチームなのです。

常日頃、私がチームメンバーと共に最大限に心掛けていることは、米国、シンガポール、マレーシア、スイス、韓国に所在する5つの製造拠点から日本までの安定した信頼できる製品供給を確保することです。新製品が発売される時はいつでも期日通りに十分な供給が確実に日本まで届くようにしなければなりません。そして私たちは、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンが必ず消費者の要求を満たし、それを超えるようにするために、製品の品質やデザインをコントロールする責任を担っています。簡単に言うならば、私たちの役割はブリティッシュ・アメリカン・タバコのマーケティング・チームを成長という課題の中でサポートしていくことです。

日本で社員を採用する時は、特に大きな可能性を持ったさらに成長できる人材を探します。私たちは投資してもよいと感じる人、成長し続けることでブリティッシュ・アメリカン・タバコの期待に応えてくれる人がほしいと思っています。このほかに求められる重要な人材特性としては、エネルギーにあふれていること、大志を抱いていること、優れたチームプレイヤーとなれることなどがあります。

私の経験から、ブリティッシュ・アメリカン・タバコに入社する人には、2つのタイプがあると思います。数年間だけ一緒に働く人と、ブリティッシュ・アメリカン・タバコを生涯にわたる選択肢とする人です。ブリティッシュ・アメリカン・タバコは、よく働き、よく遊ぶ大家族のようなものです。結果を出してさえいれば、自分のキャリアをどう伸ばしたいかを話し、多様性に富んだ国際的な企業環境の中で、すぐに前進するチャンスをつかむことができます。

執行役員 サプライチェーン担当
ジョン・スタントン