採用情報ホーム   >   ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンについて

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンについて

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンは世界で最も国際的で、また上場たばこ企業の中でマーケット・シェア第2位のたばこグループであるブリティッシュ・アメリカン・タバコの一員です。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループについて

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループ(以下、グループ)は、世界第2位のたばこグループであり、世界中に市場を獲得しています。グループは、200種以上のブランドを約200ヵ国の市場で展開し、世界の成人喫煙者10億人のうち8分1の喫煙者が、グループの製品を選択しています。55ヵ国の市場で第1位の売り上げを誇り、その他の市場でも確固たる地位を築いています。

グループの事業により、2015年には世界中の政府に、製品のたばこ税を含めて年間300億ポンド超(4兆7500億円超:2016年3月実勢レート)の税金を納付しています。これはグループ全体の税引後利益の6倍を超えるものです。

41ヵ国に広がるグループの子会社は、44ヵ所の生産施設において、2015年に約6,630億本の紙巻たばこを生産しています。

グループ全体で、50,000人を超える社員を擁しています。グループは、世界中の多種多様な文化圏にまたがって存在しており、現地の各会社に対し、事業に係る広範囲の自由と責任を与えております。基本原則や基準・基本方針・戦略及び委任された権限の枠組の範囲内においてではありますが、現地の各会社における決定は、それぞれの事業におけるステークホルダーにできるだけ近いところでなされております。

企業の社会的責任

たばこ製品は、健康上のリスクをもたらすため、グループが責任をもって事業を遂行することがより重要になると考えます。経営戦略において、社会的責任は主要な位置を占めております。ステークホルダーとの建設的な対話を通して、時代とともに変化するたばこ事業への期待に応える取り組みを行いながら事業を進めております。グループの業務遂行基準は、グループの経営方針とともに、高水準の企業の社会的責任を果たす旨の誓約を実証しております。

タバコの栽培

タバコの栽培においても重要な役割を占める国際的企業は他に類を見ず、世界で9万以上の生産農家と協力しています。20ヵ国で、タバコの生産や環境に対する研究を重ね、栽培に協力する支援プログラムを進めております。2015年には、提携会社を除いても約44万トンのタバコを購入しています。

関連リンク

もっとBATグループについて知りたい方は下記をご参照ください。

Careers site:BAT Global Careers

Linkedin:British American Tobacco