ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンについて

部門紹介

Brand MarketingStrategy Planning & InsightsTrade Marketing & DistributionSupply ChainFinance
Corporate & Regulatory AffairsIT/Strategy & ProgrammeHuman ResourcesINDEX
堀田 泰久 Area Product & Quality Manager, NAA & JapanSupply Chain

部門のミッション

供給計画、資材調達、製造、物流のサプライチェーンを進化させ、会社の収益に貢献。

写真:サプライチェーン部門サプライチェーンというのは、企業がビジネスを営む上で、原材料の調達から製造・物流・販売を経て消費者の方々に製品やサービスを供給する、その一連の流れのこと。このサプライチェーンをさらに磨きあげ、会社の収益に貢献していくことが、私たちの部門のミッションです。具体的には、供給計画をプランニングし、その計画を受けて必要な資材を調達。そして工場での生産をコントロールし、製品の物流をデザインするという、それぞれのプロセスごとに組織が構成され、サプライチェーンの合理化・効率化に取り組んでいます。

部門の構成

プランニング、ロジスティックス(物流)、プロキュアメント(購買)の3チーム。

当社は国内に工場を有しておらず、たばこ製品はすべて海外の工場から輸入されます。したがって、たばこ製品にかかわる原材料の調達や生産計画などの業務は現地で行われ、日本では、

1.
国内市場における供給計画の「プランニング」チーム
2.
輸入・通関業務を含めた「ロジスティックス」チーム
3.
たばこ製品の原材料以外で日本のビジネスに必要とされる資材やサービス、例えば自動販売機やポスター、ライターといったプロモーションツールなどの購買を担当する「プロキュアメント」

の3つのチームに分かれています。

私の役割

将来の需要予測に基づき、正しい在庫計画・能力計画を立案。

写真:堀田 泰久私は、プランニングチームのリーダーをしています。正しい製品を正しい所に正しく供給するのはもちろんのこと、新製品を含めた将来の需要予測に基づいて正しい在庫計画・能力計画を立てます。たばこ業界では、政府の税制戦略が需要予測を大きく左右するため、シナリオは多岐にわたります。生産性、キャッシュフロー、利益を最大化しながら、全てのシナリオに対応するのは、簡単ではありませんが、その分やりがいもあります。
今後の課題は、いかに人材の層を厚くしていくかです。サプライチェーンのプロフェッショナルとして、チャレンジ精神旺盛な若者が挑戦してくれるのを心待ちにしています。